Home » ArcheAge攻略ガイド

ArcheAge攻略ガイド

ArcheAge初心者向け金策法

ArcheAgeは、基本的に「自由」がテーマとなっている。農業や漁業あるいは鉱業など、生業となる事が多種多様であるが故に金策方法も幅が広い。

初心者向きという意味では、「料理」での金策が最もポピュラーとされています。特に多く消費されるMP回復系の需要は大きい。肝心のやり方は至って簡単であり、適当な場所で穀物を育て、採集した後に料理するだけです。材料となる穀物「麦」や「米」の種は「種子商人」から購入可能で、単価も安いので利益は出るはずです。

次に鉱業は、基本的に「鉱夫」を指します。とにかく掘るだけの単純作業が続く事から忍耐力が必要。鉱石はアーキエイジ内における製作に多く関わるので、非常に需要が多いです。中でも特に重宝されるのは「宝石」や「高純度な~」などのレア鉱石となります。これらは「輝く石山」から入手可能で、通常の鉱脈を掘り終えた際にランダムで出現するので見落とさないよう注意。また副産物の「岩石」は「石材」に加工する事で高値の取引が可能です。

最後となりますが、農業に関しては初心者向きかどうか判断しかねます。最も簡単に収益を出す場合は「伐採」がオススメ。どちらかと言えば「林業」になりますが、主に「ヤマナラシ」か「カエデ」を中心に伐採し、「丸太」へ加工後、販売する事で利益が出ます。野生の木を伐採する場合は基本的に労働力の消費のみです。但し、あちこちを走り回る事になるかもしれません。菜園可能な場合は、適当な場所に苗を植える事で余計な労力を使わずに済みますね。

逆に多少の手間が掛かるが、十分な利益の出る農業は「デイリークエスト」を遂行する事です。まず前提として「農夫の作業台」が必要となる。「農夫の作業台」で「夏日の滋養食」を作り、使用するとクエストが受注されます。その後、競売人に話しかけるだけでクエスト完了となり、報酬として5金が受け取れます。手間が掛かる理由としては、「農夫の作業台」の設置に加えて該当の競売人が紛争地域にいるという事です。

この他にも金策にまつわる方法は存在します。自分なりに効率が良い方法を見つけてみるというのもどうでしょう。

ArcheAge最強モンスターを体感せよ!

アーキエイジ(ArcheAge)をプレイしている方は既にご存知だと思いますが、2014年11月19日に行われた大型アップデートで海洋大型モンスター「リヴァイアサン」が追加されました。この「リヴァイアサン」は通常のモンスターとは異なり、アーキエイジ内に存在する「サイレント海」を軌道に沿う形で移動しているそうです。その為、実装された今尚も発見の報が多くありません。

また、「リヴァイアサン」捜索には船舶装備「怪獣レーダー」が必須との事。いわゆる魚群探知機と同じ機能なのでしょう。それに加え、「リヴァイアサン」は速度数値が高いとも言われています。よって追尾などを行う場合、事前に高速艇を用意すると共に高速艇に装備可能となる「カオ・ノルド直射砲」の準備をしたい所。

「リヴァイアサン」の正確な能力値などは判明しておらず、先行攻撃はしてこないそうです。同年7月に韓国は日本よりも早く「リヴァイアサン」が実装されました。その際に200人規模の討伐隊が結成されますが、結果は驚きの失敗だったそうです。ちなみに現在も日本及び韓国での討伐成功の情報はありません。

韓国に比べ装備面で劣る日本では更に多くの討伐隊を結成する必要があるでしょう。その為、開発チームは現状強すぎる「リヴァイアサン」に何らかの調整を施す事を検討しているそうです。恐らく実施される日も遠くないと思われます。

開発チームとしては、下方修正される前に「リヴァイアサン」と一度対峙してどれ程の強さなのかを体験して頂きたいとの事です。

ArcheAgeのPVP指南

ArcheAgeのPVPというと、主に一対一よりも多対多での戦闘が多い傾向にあります。その為、個人技量も必要といえば必要な事ですが、多対多において最も重要なのはチームワークです。でもおすすめのハイスペックPCメーカーでArcheAgeのためにPCを買い換えることも大切です。今ならG-Tuneが良いと思います。

理想のチームとしては、サポーターとアタッカーに分かれるのが良いとされます。アタッカーのみの場合、全員がアタッカーなのだから火力は強大です。しかし、防御面は脆い一面もあります。いわゆるノーガード戦法ですね。状況によりけりですが、高火力でゴリ押しも良いとされる場合もあります。

サポーターのみの構成でチームを組む・・・なんていう状況は普通のMMOではあり得ませんが、一応念のために。AAの場合、適性を自由に変更する事が可能な為、サポーターは火力に含まれないという概念はありません。もちろんサポートしかしない場合もありますが、サポーター兼アタッカーという役割もあります。なのでサポーターのみの構成でチームを組んだとしても、決して致命的な火力不足に陥る事は少ないでしょう。しかし、純粋なアタッカーに比べれば火力が低くなる事は必然ですので、この構成で組む事はほとんど無いです。

よって、サポーターとアタッカーで構成する事が最もベターなのです。

アタッカーを担う場合、近接型は素早い行動力が光る。主に単体を集中して攻撃すると良い。サポーターが攻撃を受けている場合は率先して火力支援を行うと尚良い。遠距離型は高火力が物を言う。単体よりも広範囲に目を向けて行くべき。同様の状況になった場合は火力支援よりも敵殲滅を優先させると良い。

サポーターを担う場合、当然ながら基本的には味方の補助を優先させよう。またサポーターの中には相手の行動を阻害するスキルを持った人もいるので、併用する事で更なる支援も可能となる。先述した通り適性は自由に変更可能なので、ケースバイケースでサポート内容を変更しよう。

以上を念頭に置いて行動すると、戦場でも活躍する機会が増えるかと思われます。